転職は成功したり失敗したり

一回目の転職は20台の後半にしたのですが、これはおおむね成功しました。給料も格段にあがったし、得意の外国語を生かす環境にもめぐまれて、以前よりは性格も明るくなりました。やはりあまりにも抑圧された環境で働くよりは、思い切って外の世界に活路を見出すのも正しい選択であるとは思います。

二回目の転職は30代の半ばでやったのですが完全に失敗でした。新しい職場も職務もなじむことが出来ず、上司からの評価は無残なもので精神的に追い詰められてやめました。まあよくある話ですよね。

転職の恐ろしいところは、入社してみないと実態が分からないって点ですね。結婚だったら、一度同棲とかするとある程度の感触はつかめるものですが、転職の場合体験入社なんてシステムをとっている企業なんてないですからね。そういった失敗を回避するためにも、企業と転職者はできるだけオープンに面接の時はコミニケートすべきです。でもなかなかそういうことは実現しません。面接の間はお互いに猫かぶっているのが普通ですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>